大切なファンとの“距離感”はそのままで…純烈「2019年も僕らについてきて!」

大切なファンとの“距離感”はそのままで…純烈「2019年も僕らについてきて!」

純烈 撮影/伊藤和幸

モットーであった「夢は紅白、親孝行」を成就させ、2019年を最高の形で迎えた純烈。平均年齢40歳という、酸いも甘いもかみ分けてきたスーパー銭湯アイドルたちの、今の気持ち、そして新たな目標は? 新春直撃!

 2018年は彼らにとって怒濤の1年だったに違いない。結成から11年「夢は紅白、親孝行!」をキャッチフレーズに、全国の健康センターやスーパー銭湯で地道に活動を続けてきた純烈。改めて紅白出場おめでとうございます!

白川裕二郎「ありがとうございます。紅白が決まった瞬間、41年間の人生でこんなに泣いたのは初めてっていうぐらい大号泣しました。親父が亡くなってから、母ひとりで僕と姉ちゃんを育ててくれたんで、これで少しは親孝行できたのかなって考えたら肩の力が抜けちゃって。11年間長かったし……」

友井雄亮「引くほど泣いてたよね(笑)。紅白決まってからファンの人もたくさん泣いてくれて、僕たちと一緒に夢を追いかけてくれてたんだなって実感しました。ファンのおっちゃんとかも泣くからさ。そんなん、こっちがもらい泣きするわ!」

酒井一圭「純烈を見て元気が出た、ってファンの方は言ってくれるけど、みんな手に負えないぐらいパワーアップしてるよね。もうちょっとおとなしかったらよかったのにってぐらい(笑)」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)