『ちょうどいいブスのススメ』、発明的ワードがドラマ化の途端に炎上したワケ

『ちょうどいいブスのススメ』、発明的ワードがドラマ化の途端に炎上したワケ

『ちょうどいいブスのススメ』原作の山崎ケイ

お笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイによるエッセイ『ちょうどいいブスのススメ』が1月10日から日本テレビ系(木よる11時59分〜)でテレビドラマ化されることが決定したが、“ちょうどいいブス”という表現が女性蔑視にあたるとしてすぐさまネットが炎上。タイトルが『人生が楽しくなる幸せの法則』へと変更されたことが話題になった。この一件について放送作家でNSC東京校の講師も務める野々村友紀子が感じた怒りとは……?

「ちょうどいいブス」という言葉が、昨年末から燃え上がっています。ドラマがスタートしたら、またまたメラメラしそう。ネットでも多くの「賛否の声」が上がっているということですが、ざっとSNSを見てみたら、ほぼ「否(ぴ)」やん! 賛はどこ? ってくらい、どこを見ても、ぴ、ぴ、ぴ! ぴぃ、ぴぃ、ぴぃ〜♪『ろくなもんじゃねぇ』歌ったろか、ってくらいの否の嵐!

 もちろん中には「そこまでの問題か?」という意見もありますが、「女性蔑視だ」「女性の自己肯定感や自尊心を奪い行動を縛り付ける呪いの言葉」などなど、批判的な意見が目立ちます。

 確かに『ちょうどいいブスのススメ』というタイトルだけ聞くと「は?どういうこと?」ってなるかもしれない。ただ、残念なのは、なんだかネガティブな言葉として広まっているこの言葉って、もともとは、もっとポジティブなものだったんじゃない?ってこと。

 相席スタートのケイちゃん(面識はないが勝手に親しみを込めてこう呼ばせてもらいます)が、バラエティ番組で自分のことを「ちょうどいいブス」と名乗ったときは、正直、感心しました。その絶妙な言い回しと、イイ女的振る舞いとのギャップがお茶の間にもウケていたし、それだけ強烈なインパクトがあるワードだからこそ、心に残ってブレイクを果たしここまで有名になったのでしょう。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)