純烈・友井雄亮がDV発覚で引退も、むしろ応援が熱くなる“ファン心理”

純烈・友井雄亮がDV発覚で引退も、むしろ応援が熱くなる“ファン心理”

引退会見を開いた純烈・友井雄亮

『純烈』のメンバー、友井雄亮が交際女性にDVをはたらいていた過去が発覚した。

 妊娠中の同棲相手に大ケガを負わせ、流産したその女性に「逆によかったじゃん」と暴言を吐き、接触禁止の誓約書を書くはめに。さらに、別の彼女には数千万円もの借金があり、大部分をギャンブルにつぎ込んでいたという。加えて人妻とも不倫していたという話まで。

 文春の直撃に対し「もう済んでる話なんすよ」と語っていたが、同誌の発売翌日には一転。記者会見を開き、報道を認めてグループ脱退と芸能引退を発表した。

 文春の発売以降、各マスコミに彼のネガティブな情報がいくつも寄せられているようだ。今回報じられた女性たち以外にも、不誠実なふるまいをしてきたということなのだろう。

 長い下積みの末に、やっとつかんだ人気と紅白出場。純烈のメンバーたちは、きっと、達成感に酔いしれて、さらなる進撃を目論んでいただろうに。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)