男子校教師らが決死のストライキ! 「理事長との“儀式”よりも生徒のための時間が大切」

男子校教師らが決死のストライキ! 「理事長との“儀式”よりも生徒のための時間が大切」

正門前で教師たちは手作りの横断幕を掲げ、通行人にはビラを配った

「業務時間は午前8時〜午後4時になっていますが、実際は部活動の指導などを含め午前6時半〜午後9時なんです。残業代は一切つかず、定期昇給は13年前に一方的に廃止され、6年前からはボーナスもゼロです。われわれにとっては死活問題です」

 と40代の男性数学教諭は怒りをあらわにする。

「タイムカードは事務職員が前倒しで退勤打刻してしまうのでひどい」

 と50代の男性英語教諭。

 東京都千代田区神田錦町の私立男子校「正則学園高校」(生徒数約560人)で8日朝、同校教諭・非常勤講師計17人らが正門前に集結し、理事長室で毎朝行われる“早出挨拶儀式”をストライキした。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)