ミュージカル界のプリンス・古川雄大「のめり込むようにロミオという役を生きたい」

ミュージカル界のプリンス・古川雄大「のめり込むようにロミオという役を生きたい」

古川雄大 撮影/森田晃博

ロックミュージックやアクロバティックなダンスを盛り込んだスタイリッシュな演出で大人気のミュージカル『ロミオ&ジュリエット』が2月23日から待望の再演。古川雄大さんは2013年、2017年に続き3度目のロミオ役に挑む。美しいルックスと歌声で観客のハートをくぎづけにしているミュージカル界のプリンスが今作への思いや魅力をたっぷり語ってくれた。

「同じ役に3度も挑戦させていただけることってなかなかないと思うので、そういった意味でも思い入れは自然と強くなるんですけど、そもそも魅力的で大好きな作品なんです。なのでミュージカルを始めたばかりの2013年に大抜擢していただいたときはすごくうれしかったですね。

 ただ、自分ではその当時の最大限の力でやっていたんですけど、今振り返ると悔しい思いはたくさんしていたので、そのぶん、やっぱり思い出が色濃く残っていて。それを再演でなんとか自分のやりたいものに近づけたときの喜びっていうのも鮮明に覚えていますし、成長を実感できた作品です。次にやるうえでも、また成長できたらなと思っています」

 今回で4度目の再演となる今作の人気の秘密は、なんといってもその楽曲の素晴らしさにある。ロミオとジュリエットがデュエットするバラード『エメ』をはじめ名曲がずらり。

「とても魅力的な楽曲がそろっていて、各ナンバーをひとつの作品として見たときにもドラマチックに構成されているので、そういったところでもお客様の心をつかむのだと思います。同時にその曲調が年齢を問わず小さいお子さんからお年寄りまで幅広く楽しめる、耳に残る曲ばかりで、楽曲のパワーがすごくある」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)