心筋梗塞につながる『慢性腎臓病』、8人に1人が発症もスルーされがちな現状に警鐘

心筋梗塞につながる『慢性腎臓病』、8人に1人が発症もスルーされがちな現状に警鐘

※写真はイメージです

いまや患者数1330万人を超える慢性腎臓病(CKD)。目立った症状が現れることなく静かに進行、悪性化していくことから『サイレントキラー』の異名を持つ。

 腎臓病の専門医である『まごめ内科・腎クリニック』の井上禎子先生が解説する。

「腎臓の働きを慢性的に低下させる病気の総称がCKDです。腎機能が正常の60%以下に低下しているか、タンパク尿が出るなどの腎障害が3か月以上、持続した状態を指します」

 にぎりこぶし大のサイズである腎臓は、その大きさとは裏腹に、多岐にわたる重要な役割を担っている。

「血液をろ過して必要なものを残し、不必要なものを尿から体外に排出するフィルターの働きをしています。また、酸性に傾きがちな身体を中性に保ったり、ホルモンを放出したりして、骨髄に血液を作らせることも腎臓の役割です」(井上先生、以下同)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)