稲森いずみ「気持ちがラクに」人付き合いで大事にしている“母親からの教え”

稲森いずみ「気持ちがラクに」人付き合いで大事にしている“母親からの教え”

稲森いずみ 撮影/高梨俊浩

「私がこれまで演じてこれたのは、その中に幸せがあるから。もちろんつらくて苦しいこともあります。でも、苦しむからこそ楽しさもあって。例えば舞台やドラマでは、稽古や準備の段階で苦しんだほうが本番で100倍楽しく感じられる。だからつらくても、苦しくても、私は演じ続けてきたんだと思います」

 26年連続で連ドラに出演、クールな女性から可愛らしい役柄まで幅広いキャラクターを演じてきた稲森いずみ(46)。昨年も仕事で大忙しだったというが、プライベートの時間も大切にしているようで、

「習い事を始めたんです。何かモノづくりをしたくて。まだ教室には入っていないんですが、ステンドグラス作りを始めました。去年はほかにもいろんなことに挑戦しましたね、座禅とか(笑)」

 と、意外な一面をのぞかせる。そんな彼女の2019年一発目となる出演作は『連続ドラマW それを愛とまちがえるから』。本作ではセックスレスに悩み、元カレと“マジメに一生懸命な不倫”をする専業主婦をコミカルに演じている。

「撮影中に笑いをこらえる現場って、久しぶりだな〜って。コメディー作品は久々で、すごく楽しかったです。私が演じた伽耶さんはすごくマジメでちょっと不器用。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)