『イッテQ!』放送作家が明かす 名物企画“Qチューブ”ができるまで

『イッテQ!』放送作家が明かす 名物企画“Qチューブ”ができるまで

中岡創一

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第67回は鮫肌文殊が担当します。

「オ○ン○ンが痛いーーーーっ!!」

 ロッチ中岡君の絶叫がフィンランドの寒空の下、こだました。つい先日オンエアされた、私が構成に参加している『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のロケでのひとコマ。

 世界中のYou Tube職人の皆さんの面白動画を中岡君が身体を張って再現するイッテQ!の名物コーナー『Qチューブ』。その回の舞台は零下20度以下の極寒の国フィンランド。幾多の過酷ロケを乗り越えて来た猛者ぞろいの『イッテQ!』ファミリーの芸人と言えども、さすがに体験したことがない想像を絶する寒さである。

 そんな中、上半身裸になって氷の上を滑っていき、うまくいったら熱々の湯船へイン。失敗してコースアウトしてしまったら水の中へ落ちてしまうという動画に挑戦していた中岡君。案の定ミスってしまい、水の中へボチャン。「寒い、寒い、寒い!」を連発しながらロケ現場近くの本場フィンランドのサウナへ暖を取るため入った途端、マイナス20度以下の外気温と80度以上のサウナの温度差が股間を直撃! 何かしらの不具合(!?)が生じてしまったのか、突如、股の間に押し寄せてくる激痛に思わずあげたのが本文冒頭の悲鳴であった。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)