尾崎豊は死してもなお愛される、「過ぎ去った時間」と「オンナの今」

尾崎豊は死してもなお愛される、「過ぎ去った時間」と「オンナの今」

尾崎豊

4月30日で「平成」は幕を閉じ、5月1日から新元号へと変わる。結婚、離婚、不倫に訃報、自殺や事件にトラブルと、平成の30年間の芸能史を振り返ってみると、様々な出来事があった。平成の幕開けとともに芸能記者となった筆者が見てきた、芸能界の30年間の喜怒哀楽。第4回は「平成4年」。

 国家公務員の週休2日制度がはじまったことで、公立学校も第2土曜日を休校日とする学校5日制がスタートしたこの年、東海道新幹線は「のぞみ」が運転を開始。バルセロナオリンピックでは、当時14歳だった競泳の岩崎恭子が金メダルを獲得し「今まで生きてきた中で一番幸せです」と目を潤ませていたのが懐かしい。

 高校野球では当時、石川県星稜高校の松井秀喜が5打席連続で敬遠される大物ぶりを見せつけ、音楽界では藤井フミヤが率いていた『チェッカーズ』が解散。『サザエさん』の作者である長谷川町子さん、小説家の松本清張さんが亡くなった年でもある。

 そして音楽業界に衝撃を与えたのは、当時26歳だった尾崎豊の死だった。

 この年の4月25日早朝、尾崎は自宅マンションから約500メートル離れた、足立区千住河原町の民家の軒先で、全裸となり傷だらけの状態で倒れているところを発見される。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)