“タラレバ娘”に「結婚したいなら草食系を狙え」と仲人資格をもつライターが断言

“タラレバ娘”に「結婚したいなら草食系を狙え」と仲人資格をもつライターが断言

社会保障・人口問題研究所データをグラフ化

“タラレバ娘”に「結婚したいなら草食系を狙え」と仲人資格をもつライターが断言

仲人・ライターの鎌田れいさん 撮影/齋藤周造

 大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の平匡さん効果で、恋愛対象として注目度急上昇中の草食男子。「男から誘ってくれタラ」「リードしてくれレバ」と、肉食系男子を待っている『タラレバ娘』のみなさん、それでは一生結婚はできないわよ。芸能界だって賢い女子は逆プロポーズして幸せになってるいるわ。本気で結婚したかったら草食男子を狙いましょっ!

 日本人男性はとってもシャイ。「僕のアモーレ」なんて言える男性は、ひと握りなんですっ。さらに近年の婚活市場は、女過多男不足。女たちよ! 王子を待つより狩りに出るべし!

女は結婚したいのに婚活市場は男不足

「長友さんに、三歩下がってついていきます」

 婚約会見の平愛梨ちゃんの言葉を聞いて“素敵! こんな結婚がしたいわぁ〜”と、目をハートにしているアナタ! それでは間違いなく一生独身ですよ!

 下のグラフをご覧くださいね。これは、2010年と2015年の未婚者(18〜34歳)の異性との交際状況を示したもの。「交際している異性はいない」とする男性はなんと約7割。5年前に比べると8・4ポイント増えているの。さらに「結婚したい相手がいる」の回答も2・4ポイントも減。男性が結婚から遠ざかっているんです!


社会保障・人口問題研究所データをグラフ化


 結婚相談所での登録者数も、もともと6対4で女性が多かったんだけど、最近では7対3に広がりつつある。傾向として、女性は“結婚したい”と思っているのに、男性が結婚を積極的にしようとしなくなってきているの。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)