青木裕子、セレブ幼稚園の遠足に息子と参加もお菓子交換タイムに「値踏みあり」

青木裕子、セレブ幼稚園の遠足に息子と参加もお菓子交換タイムに「値踏みあり」

レクリエーションで輪になるが、青木の服の中に隠れて甘える息子

青木裕子、セレブ幼稚園の遠足に息子と参加もお菓子交換タイムに「値踏みあり」

こんな感じだとセーフ。もちろん駄菓子は論外(*年少組のお菓子交換例)

レクリエーションで輪になるが、青木の服の中に隠れて甘える息子


 桜も見ごろを終えた4月下旬。都内のある公園では、多くの人が新緑を楽しんでいた。

「幼稚園児や小学生くらいの子たちが、何校か遠足に訪れていました。お天気もポカポカ陽気で、絶好の遠足日和。子どもたちははしゃぎながら、広い園内を駆け回っていましたよ」(公園を訪れた女性)

 木陰には、ビニールシートを敷いて休む母親たち。その中に、青木裕子の姿があった。彼女とナインティナイン・矢部浩之の息子が、幼稚園の遠足に訪れたのだ。

「この幼稚園は、親御さんが参加する行事がひと月に1度あるんです。この日も、平日にもかかわらずお父さん方も何人かいらっしゃっていました。矢部さんの姿はなかったです」(参加した保護者)

 青木は白い開襟シャツにロングカーディガンを羽織り、ハイウエストのワイドパンツ、黒いスニーカーと、動きやすそうな装いだ。

「集合時間の30分ほど前から、続々集まり始めました。仲のいい親子で集まってビニールシートを広げ、子どもたちが遊んでいるのを見ていましたが、青木さんは序盤ひとりでいることが多かったです」(前出・参加した保護者)

 というのも、息子はみんなから離れた場所で、地面を歩くアリに夢中。

「青木さんは背が高いので、ひとりでいると目立っていました。老婆心ながら“なじめていないのかしら”と思っていたのですが、しばらくすると息子さんも飽きて、お友達と合流。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)