UターンにTターン、移住ブームで移住者お宅直撃「ぶっちゃけ、どうですか?」

UターンにTターン、移住ブームで移住者お宅直撃「ぶっちゃけ、どうですか?」

東京から大分へ、娘とふたりでIターン移住した武井啓江さん

UターンにTターン、移住ブームで移住者お宅直撃「ぶっちゃけ、どうですか?」

木製の広いデッキで遊ぶ娘さんとお友達

【Iターン】東京⇒大分/武井啓江さん
●家族構成=娘(小4) ●住まい=一戸建て空き家購入(約400万円)+改修費 ●支援制度=空き家バンク引っ越し補助10万円、住宅改修費50万円、創業支援150万円 ●移住先の決め手=国東の人柄、自治体の支援制度 ●きっかけ=36歳で経験した沖縄ひとり移住で「お金≠幸せ」を体感。娘にも同じ経験をさせたかったから ●仕事=自営で洋裁業+ゲストハウス(民宿) ●最近の楽しみ=暮らしの仕事全般 ●移住アドバイス=自分を偽らず、気持ちに素直に生きる

「母親が人生を楽しんでいないと、娘も人生を楽しく生きられる人になれない。私は身体がウキッとしないことはしないと決めたんです」

 大分県国東市。田畑と山に囲まれたのどかな地に、4月、念願のゲストハウス『ノルブリンカ』をオープンしたばかりの武井啓江さんはこう話す。

 昨年春、小学3年生になる娘と、東京から移住したシングルマザー。お昼に近くの海で娘とお弁当を食べたり、ご近所さんとバーベキューをしたり。「孤独とは無縁の日々」と明るく言い放つ。

 東京都国分寺市で生まれ、母の厳しい教育を受けて育った。名門大学卒業の高学歴で、企業のマーケティングや企画担当として活躍。海外事業にも携わり、家政婦を雇ったり、ポルシェに乗るような生活を送っていた。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)