元夫が娘と面会中に無理心中「ごめんな。行かせてごめんな」母親が涙の告白

元夫が娘と面会中に無理心中「ごめんな。行かせてごめんな」母親が涙の告白

遺影にはぬいぐるみを抱えた娘の愛くるしい笑顔が

元夫が娘と面会中に無理心中「ごめんな。行かせてごめんな」母親が涙の告白

家族が以前住んでいた部屋で父親は娘と無理心中を図った

「今はまだ、娘が近くにいるような感じがするんです。だから、まだ本当に寂しいという気持ちが湧かなくって」

 娘の遺影と遺骨を前に母親の中村明子さん(仮名)は、大切な娘(当時4)が殺されたショックを、まだ実感できない。

 殺したのは父親。中村さんの元夫だ。

 4月23日、月に1度の面会交流の日の夜、兵庫県伊丹市のマンションの一室で、娘は命を奪われた。娘の首にはネクタイが巻かれ、元夫はネクタイで首をつっていた……無理心中だった。

 元夫は昨年11月、自暴自棄になり自ら離婚届を提出。その後、寂しくなったのか復縁を申し入れてきたという。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)