東出昌大、杏が自宅で「子ども泣く」とドン引きする『あなそれ』役作り

東出昌大、杏が自宅で「子ども泣く」とドン引きする『あなそれ』役作り

いい表情をしている東出昌大

 放送中のTBS系ドラマ『あなたのことはそれほど』に「涼太」役で出演している、東出昌大の“怪演”が話題だ。第4話では、波瑠演じる不倫妻「美都」の誕生日祝いを兼ねた結婚記念日に、すべてを知ったうえで、それでも永遠の愛を笑顔で誓う涼太の狂気にゾワゾワ。“第2の冬彦さん”との声も。

 '92年に同局系列で放送された『ずっとあなたが好きだった』で、妻に逃げられるマザコン夫「冬彦」を演じた佐野史郎。「んん〜」と下唇を突き出して唸る姿はお茶の間を凍りつかせ、流行語に選出される社会現象にもなった。

 その佐野も自身のツイッターで、東出の冬彦さんぶりに《噂は届いております》と、活躍を気にかけている様子。

「好青年役のイメージが強い東出さんですが、新境地との呼び声も高く、イケメン俳優から演技派へと飛躍する役になりそう。3児の父親として頑張らなくてはいけないですからね」(テレビ誌記者)

 昨年、杏との間に生まれた双子も1歳の誕生日を迎えて、さらに今夏には第3子出産を控えている。大黒柱として仕事に熱が入っているようだ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)