ジャニーズ春ドラマの撮影秘話 “200円ティッシュ・加熱式タバコ” でリラックス

 今年の4月で、ドラマの代名詞ともいえる“月9”枠は、30周年を迎えた。記念作品となる『貴族探偵』(フジテレビ系)の主演は、'15年4月の『ようこそ、わが家へ』以来の、嵐・相葉雅紀。記念作品ゆえ、意気込みもすごいのではと思っていたら、今回のオファーに、

「また? うそでしょ? きついよ」

 と、スタート前から弱音を吐いていたようだ。というのもこの時期、重度の花粉症である相葉にとってドラマロケはかなり過酷なんだとか。

「クランクインは3月上旬と花粉が最も多く飛び交う時期。撮影ではカットがかかるたびに“ティッシュ、ティッシュ”と箱ティッシュを抱えたマネージャーさんやメイクさんを呼んでは鼻をかんでいます。かみすぎで鼻の下が赤くならないよう、メイクさんもかなり気を遣っています。鼻をたらした貴族なんてカッコ悪いですからね」(芸能プロ関係者)

 今回、謎の貴族を演じている相葉。しかしお世辞にも貴族とは呼べない、なんとも庶民すぎる癖があるのだとか。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)