滝藤賢一、“同期”の真木よう子に抱いた思い「あのときは本当に悔しかった」

滝藤賢一、“同期”の真木よう子に抱いた思い「あのときは本当に悔しかった」

滝藤賢一 撮影/佐藤靖彦

滝藤賢一、“同期”の真木よう子に抱いた思い「あのときは本当に悔しかった」

滝藤賢一 撮影/佐藤靖彦

「『月9』出演は俳優を目指してからの夢でした。今回、初めて出演させていただいてうれしかったです。出たいからと言って、出られるものではないですから」

 フジテレビの看板ドラマ枠“月9”の30周年記念作品となる『貴族探偵』に出演中の滝藤賢一(40)。不思議なことに、“月9”にはこれまで縁がなかった。

「『101回目のプロポーズ』や『ひとつ屋根の下』など、月9作品を見て育ちました。だから、『半沢直樹』以降にいろいろなお仕事をいただけるようになって、月9のオファーもそろそろかな、なんて期待していたんですが、壁は高かったですね(笑)」

 映画『クライマーズ・ハイ』で注目を集め、『踊る大捜査線』シリーズや『半沢直樹』といった人気作に多数出演。今や映画やドラマに欠かせない名バイプレーヤーとなった彼だが、役者になったキッカケは仲代達矢が主宰する『無名塾』の門を叩いたこと。

「無名塾は1000人受けて数人しか受からないと言われています。はなから諦めていた僕に、まずは受けないと始まらない、と親友が背中を押してくれたんです」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)