40代女性の美容と健康“平均値”を公開! いつまでも若々しさを保つには?

40代女性の美容と健康“平均値”を公開! いつまでも若々しさを保つには?

※写真はイメージです

40代女性の美容と健康“平均値”を公開! いつまでも若々しさを保つには?

40代女性の美容と健康“平均値”を公開! いつまでも若々しさを保つには?の画像

 美容や健康意識が高まり、いつまでも若々しく美しい容姿をキープする美魔女も増えているけれど、やはり40代以降の体形維持は至難のワザ。“お腹ポッコリ”を感じるのは、加齢によって身体の「形」が大きく変化していることが原因だという。

「閉経が近づくと脂肪分解ができにくくなり、皮下脂肪が増える。また筋力の衰えによってハリもなくなりたるんだお肉がお腹まわりに蓄積されていくから」

 こう説明するのは、医学ジャーナリストで医学博士の植田美津恵さん。もちろん個人差はあるが、「いわゆる“中年太り”はすべての人に起きること」。そして、50歳を過ぎると、腹部とバストは同じ太さになっていく傾向にあるとか!

「肥満になると動脈硬化、高血圧、がんのリスクが高まり、関節痛や腰痛も出てきやすい。そうなって初めて本気でダイエットを始める人がいますが、50代はやせにくいということを念頭におき、若いうちから適正体重をキープすること、運動する習慣をつけることを心がけてほしいですね。

 ただ、’60年代にミニスカートがブームになって以降、細い脚=長い脚=憧れの対象という美意識が根づき、やせすぎの女性が増えていることは不安ではありますが」(植田さん、以下同)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)