ジャニーズJr.のCDデビューが打ち止めか ジャニー喜多川社長から”お達し”

記事まとめ

  • 4月上旬、ジャニー喜多川社長からの「お達し」が振付師S氏から言い渡されたという
  • S氏はJr.に「もうお前らはデビューできないから、進路に迷ったら相談してくれ」と発言
  • Jr.の“CDデビュー”という形態を今後は取らない、という趣旨の言葉だとみられている

ジャニー喜多川社長の“CDデビュー打ち止め”発言にJr.らが将来を不安視

 元KAT-TUNの田口淳之介や田原俊彦など、元ジャニーズタレントのメジャー復帰が続くなかで、本家ジャニーズ事務所では信じがたい異変が起きていた。

「今後は、Jr.のCDデビューがなくなるようです」(レコード会社関係者)

 4月上旬、Jr.のダンスレッスンの際に、ジャニー喜多川社長からの「お達し」が、ある人物から言い渡されたというのだ。

「ファンにはおなじみの振付師・Sさんが“もうお前らはデビューできないから、もし進路に迷ったら相談してくれ”と言ったんです。Jr.の“CDデビュー”という形態を今後は取らない、という趣旨の言葉だとみられています」(ジャニーズ事務所関係者)

 つまり、今までのようにCDを出すグループが生まれなくなるということだ。とはいえ、Jr.には今も多くのグループが存在する。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)