片寄涼太、気になる人へのアプローチ法を明かす「イメージ下がりません?」

片寄涼太、気になる人へのアプローチ法を明かす「イメージ下がりません?」

片寄涼太 撮影/廣瀬靖士

片寄涼太、気になる人へのアプローチ法を明かす「イメージ下がりません?」

『兄に愛されすぎて困ってます』より (c)2017「兄こま」製作委員会 (c)夜神里奈/小学館

「ひとりっ子なので、最初は兄と妹っていう感覚がまったくわからなかったんです。(土屋)太鳳ちゃんとは“憧れてもらえるような関係に見えたらいいね”って、最初に話しました」

 6月30日(金)全国ロードショーの映画『兄に愛されすぎて困ってます』で、人生初のモテ期が訪れた女子高生・橘せとか(土屋)を大切に思うヤンキー系ツンデレ兄・はるかを演じたのは、これが映画初出演となるGENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル・片寄涼太(22)。

「はるかは、口ではストレートに言えないけど態度や顔に出ちゃうタイプ。実は、僕もちょっと似ているなと思っていて……ここ1年くらいでツンデレの“ツン”が生まれました。ずっとニコニコして、優しくしているだけじゃなくてもいいかな、って(笑)」

 共演者の印象は?

「千葉(雄大)さんが演じる高嶺と対立するシーンが多かったですが、普段は本当にいいお兄ちゃんでした。お芝居の経験が少ない僕のことを気にかけてくださって、たくさん甘えさせてもらったり。でも、余裕があって大人な高嶺は、いちばん恋のライバルにしたくないタイプです!(笑)」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)