『やすらぎ体操』の振付師・中村龍史氏が語る制作秘話「これで紅白に行く!」

『やすらぎ体操』の振付師・中村龍史氏が語る制作秘話「これで紅白に行く!」

中村は松任谷由実など、多くのアーティストの舞台演出も手がける

『やすらぎ体操』の振付師・中村龍史氏が語る制作秘話「これで紅白に行く!」

『やすらぎの郷』制作発表には脚本の倉本聰も出席

 昼ドラ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)が絶好調。シニア世代の圧倒的支持を得て高視聴率を続けている。

「脚本は82歳の倉本聰で、86歳の八千草薫を筆頭に石坂浩二、加賀まりこ、浅丘ルリ子など出演者のほとんどがご高齢なんです」(テレビ誌ライター)

 舞台となっているのは、長年テレビや映画に貢献してきた者だけが入れる老人ホーム。施設内では毎朝流れる音楽に合わせて入所者が『やすらぎ体操』という体操をする設定になっているが、5月5日の放送ではこんなサプライズが。

「エンディングで『やすらぎ体操第一』のフルバージョンが流れたんです。NHKの『ラジオ体操第一』を意識した作りで、出演者たちが順番に登場して踊りました。放送後にはYouTubeに動画がアップされ、ネットでは“シニア版恋ダンス”“老いダンス”などと話題になっていますよ」(前出・テレビ誌ライター)

 振り付け・作詞・作曲を担当したのは演出家、振付師、俳優などさまざまな肩書を持つ中村龍史。『やすらぎ体操第一』を作ることになったきっかけについて聞いてみた。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)