秋篠宮家の眞子さまの婚約者・小室圭さん 大学時はバイト掛け持ちで多忙と後輩が語る

秋篠宮家の眞子さまの婚約者・小室圭さん 大学時はバイト掛け持ちで多忙と後輩が語る

記事まとめ

  • 秋篠宮家の眞子さまの婚約者・小室圭さんについて、大学で同じ寮だった後輩が語った
  • 小室さんは経営学を専攻する一方で、アルバイトの掛け持ちで多忙のようだったという
  • 夜はいつも勉強していたといい、周囲から“まじめ”という声が多く聞こえていたらしい

眞子さまの婚約者・小室圭さん、コスプレ姿で過ごしていたICUでの思い出

眞子さまの婚約者・小室圭さん、コスプレ姿で過ごしていたICUでの思い出

「湘南江の島海の王子」に決定した直後の決めポーズ('10年秋頃)

 母親から離れ、ICU2年生の2学期から学内にある寮で生活を始めたという眞子さまのフィアンセ・小室圭さん。同じ寮だった2つ下の後輩によると、

「寮では“コムロック”と呼ばれていて、みんなから好かれていましたね。経営学を専攻する一方で、アルバイトの掛け持ちで多忙のようでした。サークルや部活には入っていなかったと思います。

 寮のメンバーで飲み会が開かれたときには、みんなが2次会に流れる中で“ごめん、勉強するから帰ります!”と、ひとりだけ寮へ帰っていました。勉強と遊びのメリハリがついている人でしたね」

 夜はいつも勉強していたそうで、周囲からは“まじめ”という声が多く聞こえた。

 しかし、学内では意外にもこんな“お茶目”な一面も。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)