<女子高生殺害放火事件>加害者少年、彼女を殺害する前に「油燃える」「毒草」と検索

<女子高生殺害放火事件>加害者少年、彼女を殺害する前に「油燃える」「毒草」と検索

消火活動の生々しい痕跡を残す麻衣さん宅の玄関ドア。玄関先には麻衣さんの死を悼んで花束が手向けられていた

<女子高生殺害放火事件>加害者少年、彼女を殺害する前に「油燃える」「毒草」と検索

亡くなった佐藤麻衣さん(本人のツイッターより)

「火事です。火事です」

 マンション2階のベランダから路上に飛び降りた少年はそう言った。全身煤まみれだった。出火元の部屋に住む交際相手の少女が携帯電話に出ないことから、部屋に取り残されているのではないかと心配している様子だったという。GW連休の4日朝のこと。事態は思わぬ展開をみせた。

 東京都台東区のマンション火災で住人の都立高校3年・佐藤麻衣さん(17)が死亡した事件で、警視庁は13日、同じ高校に通う同級生の少年A(18)を殺人容疑で逮捕した。5月3日午後8時半ごろから4日午前8時35分ごろまでの間に、麻衣さんに手段・方法不明の暴行などを加え、被害者宅を出火させるなどして死亡させた疑い。交際上のトラブルがあったとみられる。麻衣さんと暮らす母、弟は所用で関西方面に出かけていて留守だった。

 全国紙社会部記者の話。

「火事の110番通報をしたのは少年A。麻衣さん宅を訪ねると火と煙が出ており、施錠されていた玄関ではなくベランダから部屋に入ったと話していた。不審な点があったので問い詰めると、“彼女の首を手で絞めた。ライターで布団に火をつけた”などとあっさり犯行を認めた。しかし、供述内容はあいまいで、その後、黙秘に転じたため慎重に捜査が進められている」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)