吉田鋼太郎ら7人の名脇役たちが「俺でいいのか??」夢の初主演をつかむまで

吉田鋼太郎ら7人の名脇役たちが「俺でいいのか??」夢の初主演をつかむまで

左上から時計回りに、吉田鋼太郎、小日向文世、升毅、岩松了、近藤芳正、田中要次、笹野高文

 名脇役として知られる升毅が、公開中の映画『八重子のハミング』で初主演を果たした。実はここ数年、升のように長年のキャリアを経て、ドラマや映画の主役をつかむベテラン俳優が目立っている。

 笹野高史もそのひとりだ。

「舞台、映画、テレビとジャンルを問わず活躍しています。どんな役柄でも独特の味わいを見せ、来る仕事を拒まないことから“ワンシーン役者”を自称していますよ」(芸能プロ関係者)

 そんな笹野は、'15年の映画『陽光桜』で初主演を務めた。同作の監督である高橋玄氏は、彼の主役としての現場での気配りに感心したそうだ。

「自前で現場にお昼のお弁当を差し入れしたり、打ち上げの際にも自前で現金10万円を出してじゃんけん総取りのゲームを企画していました。これまで大物俳優の脇役をされていたので“こういうことを自分もしよう”という思いだったのかもしれません」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)