<急増する高齢者の鉄道自殺>よそゆきの服で手をつないで電車に飛び込んだ姉妹

<急増する高齢者の鉄道自殺>よそゆきの服で手をつないで電車に飛び込んだ姉妹

小田急小田原線柿生駅。高齢の姉妹は下りホームの端に立っていた

<急増する高齢者の鉄道自殺>よそゆきの服で手をつないで電車に飛び込んだ姉妹

飛び込む直前に2人が行き来していたベンチとホームのへり。小田急小田原線柿生駅

 77歳と90代(推定)の“姉妹とみられる”2人が、神奈川県川崎市麻生区の小田急線柿生駅で飛び込み自殺を図ったのは、4月24日の午後2時半ごろだった。あれから1か月がたとうとしている。

 神奈川県警広報担当者は、

「被害者のひとりは東京都町田市の77歳の女性とわかりましたが、90代と推定されるもうひとりの身元は現在でも特定はできていません。姉妹と一部報道されていますが、断定できません」

 遺書も残されていない。当日の足取りも不明だ。何らかの福祉サービスを受けていれば、担当者が気づくはずなのだが……。

 ただ、最後の様子が目撃されていた。駅の監視カメラだ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)