「母親みずからが故意に子どもを取り違える」出産後の母親の葛藤を描く小説が話題

「母親みずからが故意に子どもを取り違える」出産後の母親の葛藤を描く小説が話題

「映画『そして父になる』を見て、だったら“そして母になる”があってもいいんじゃないかと思ったのも執筆の動機」と語る芦沢央さん 撮影/竹内摩耶

「母親みずからが故意に子どもを取り違える」出産後の母親の葛藤を描く小説が話題

母親みずからが行った子供の取り違えを描く『獏の耳たぶ』が話題の芦沢央さん 撮影/竹内摩耶

 3年ほど前に発覚した、子どもの取り違え事件を覚えていますか?

 本来は裕福な家庭で育つはずだった男性は、取り違えにより貧しい家庭で育つことに。その結果、人生にさまざまな不利が生じました。東京地方裁判所は産院の過失を認め、男性に、総額3800万円の賠償金を支払うことを命じたのです。

 こんな子どもの取り違えを、産んだ母親みずからが行ったら、親は、子どもはどうなるのか? 犯行に至るまでの心理と、その後の生活を、緊迫感あふれる小説に仕上げたのが『貘の耳たぶ』(幻冬舎)です。

 本書執筆の動機を、著者の芦沢央さんが語ります。

「女性って、子どもを産めば、すぐ母性が芽生えるものと思われがちですよね。“本当にそうだろうか?”と疑問に思ったのが、執筆の出発点でした」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)