綾野剛、肉体改造で体脂肪率7%になるも本音は「不安なんです」

綾野剛、肉体改造で体脂肪率7%になるも本音は「不安なんです」

綾野剛 撮影/伊藤和幸

綾野剛、肉体改造で体脂肪率7%になるも本音は「不安なんです」

(c)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会

 6月の綾野剛は振り幅が広い――。現在、主演ドラマ『フランケンシュタインの恋』で人間に恋する心優しい怪物を演じている綾野剛(35)が、映画『武曲 MUKOKU』では一変、人知れぬ深い闇を抱えた剣の使い手を演じている。

 まるで同じ人とは見えぬ鬼気迫った形相で激しい“決闘”を繰り広げるなど、剣道未経験とは思えぬ説得力ある芝居には驚かされる。

「殺陣(たて)をやってきていたので、その経験を生かすことができると思っていたんです。でもまったくの別物で、“これはまずいな”と。剣道は竹刀を振り落とす瞬間に足の音と声のタイミングが、すべて一心同体でなくてはいけない。それで初めて一本になるんです」

 撮影が行われたのは昨年の夏。役になりきるため、2か月にわたって猛特訓と“肉体改造”を敢行し“すべてを出し尽くそうと思った”と振り返る。結果、体脂肪率7パーセントまで鍛え上げ、こうして作りあげられた筋骨隆々な肉体美には思わず息をのむ。

「1日最低でも3時間は剣道を練習して、さらにトレーニングも加えると、どんどん精神面もフィジカル面も強くなっていって、全然疲れないんです。いくらやっても力があり余っていて、自分で力をコントロールできなくなっていって、怖かったです。持っているコップが割れてしまうなんてこともありました」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)