同居する妹が110番「姉が2階で白骨化しています!」奇妙なきょうだいの共同生活

同居する妹が110番「姉が2階で白骨化しています!」奇妙なきょうだいの共同生活

N子さん宅は木造瓦葺きの2階建て。正面手前の2階角部屋がN子さんの自室だった

同居する妹が110番「姉が2階で白骨化しています!」奇妙なきょうだいの共同生活

幼なじみの初出産祝いにN子さんが手作りした育児バッグ。初心者マークが愛らしい

 警視庁に110番通報があったのは19日午前5時56分のことだった。夏を思わせる暑い日が続いていた。

「姉が2階の部屋で白骨化しています!」

 現場は東京都台東区東上野の木造瓦葺き2階建て住居で、通報者はこの家に住む歯科医院勤務の次女(50)。異臭が気になって2階に上がったところ、布団の中に一部白骨化した姉・N子さん(55)が横たわっていた。捜査当局は身元の確認を急ぐとともに、死因などを調べている。

「頭がい骨と足の骨がむき出しになるほど腐敗は進んでいた。目立つ外傷がないことなどから事件性はないとみているようだ」と全国紙記者。

 一家は年長順に長男(59)、長女N子さん、次女の3人暮らし。両親は亡くなっている。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)