「これ、アカンやつや!」だらけ、衝撃の“中国遊園地”に潜入した日本人が見たもの

「これ、アカンやつや!」だらけ、衝撃の“中国遊園地”に潜入した日本人が見たもの

アンパンマン風の乗り物。食べたらお腹をこわしそうな色

「これ、アカンやつや!」だらけ、衝撃の“中国遊園地”に潜入した日本人が見たもの

世界一有名なあのネズミ!?

 これ、世界一有名なネズミさんじゃないの? それはキティちゃん? ウルトラマン? ちびまる子ちゃん!?

 思わず関西弁で「これ、アカンやつや!」と言いたくなるキャラクターたちがそこかしこに。それだけでなく、なんとも不思議な色合いの造形物ばかり……。異次元に迷い込んだかのような風景は、いずれも中国国内の遊園地で撮影されたもの。撮影者であり、中国の遊園地の現状に詳しい関上武司さんに話を聞くと──。

「大胆すぎるパクリぶりとか、統一感のなさとか、笑いを通り越して文明のなりたちを考えさせられるほどです。ただ、日本の人気漫画の『ドラゴンボール』だってもともとは西遊記が元ネタなわけですから、“モノマネだらけでけしからん!”と単純に怒ってすませる話ではないと思います。

 現在の中国の財力と発展のスピードはものすごく、2016年には上海ディズニーランドが開園しましたし、2020年には北京にユニバーサルスタジオの開園が予定されています。今後、パクリのキャラクターや造形物は急激に減ってしまう可能性もありますから、ご興味を持たれた方は、なるべく早めに訪れたほうがいいですよ」

 一周まわって独自性が醸し出された雰囲気は、もはやアートかも、衝撃の旅になることはまちがいなし!?

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)