アトピーに悩む患者が多いのに、なぜヒスタグロビン治療が広まらないのか

アトピーに悩む患者が多いのに、なぜヒスタグロビン治療が広まらないのか

左が治療後1か月後、右が治療前。ヒスタグロビンを1クール行った女性は、腫れて太くなった指がほっそりと、乾いてゴワついていた皮膚がしっとりとしてきたという(提供写真)

 アトピー性皮膚炎の治療にはステロイドが主に使われているが、悪循環を繰り返しがち。最近、注目を集めている“アレルギーを抑え込む”というヒスタグロビン注射とはどんな治療なのか? 2人の医師に話を聞いた。

「アトピー性皮膚炎は注射で治ります」と話すのは医師の小林裕史先生。自身も重度のアトピー性皮膚炎で腕や脚、頭部の炎症がひどく、真夏でも長袖・長ズボンでできるだけ肌を出さないようにしていたという。

「毎朝、枕カバーに滲出(しんしゅつ)液がにじんでいました。繰り返す炎症に手を焼いていたところ、アメリカで医師をしていた友人に、アメリカではヒスタミン加人免疫グロブリン製剤を使っていると教えられたのです。日本では『ヒスタグロビン』という製剤があると知り、さっそく試してみたら、みるみるよくなって治療後25年たった今もまったく症状が出なくなりました」(小林先生)

 ヒスタグロビンとは、どのような薬なのだろう。

「アトピー性皮膚炎にはステロイドの外用薬や飲み薬を処方するのが定石ですが、ステロイドには炎症を抑える効果しかありません。それに対してヒスタグロビンは、アトピー性皮膚炎のほか、花粉症や喘息、食物アレルギーなどの“即時型アレルギー”と呼ばれるものすべてに効果があります。ヒスタグロビンは体内に入ったアレルゲンの周囲に防御壁のようなものを作り、アレルギー症状を起こす物質を放出できなくするからです」(小林先生)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)