<共謀罪問題>LINEのスタンプまで監視??「私たちの自由が丸裸にされる!」

<共謀罪問題>LINEのスタンプまで監視??「私たちの自由が丸裸にされる!」

『5・31共謀罪法案の廃案を求める市民の集い』でプラカードを掲げる野党議員

<共謀罪問題>LINEのスタンプまで監視??「私たちの自由が丸裸にされる!」

市民の集いで「NO!」の声を上げる参加者。“鉄格子”越しにスピーチを聞く女性も

 “良識の府”といわれる参議院の法務委員会で組織犯罪処罰法改正案(以下、共謀罪法案)が審議入りした5月30日、民進党の有田芳生参院議員は安倍首相を問い詰めた。

「1995年、地下鉄サリン事件が起きたときに共謀罪法案はありませんでしたけれども、オウム真理教はいつ一変したんでしょうか」

 安倍首相が2月の衆院予算委でオウムを例に挙げ、「宗教法人から犯罪集団に一変したので(共謀罪の)適用対象となる」などと答弁したことが質問の背景にあった。オウム事件に詳しいジャーナリストでもある有田氏にとって、都合よくオウムを引き合いに出すのは許せなかったのだろう。

 安倍首相は、

「当時はまだこの法律がないわけですから、いつの段階で組織的犯罪集団になったかという観点で捜査をしておらず、いまここで私がにわかにお答えすることはできない」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)