星野源の“下ネタ”トークレベル、同事務所の桑田佳祐・福山雅治越えか

星野源の“下ネタ”トークレベル、同事務所の桑田佳祐・福山雅治越えか

星野源

「いったんまたCMいって……AVの話……」「音楽もAVも一緒ですから。表現ですから。作品ですから」

 5月23日、パーソナリティーを務めるラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にてAV(アダルトビデオ)に対する熱い思いを語った星野源。昨年、大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)に出演以降、一躍人気タレントとなった。

「俳優としても歌手としても評価されている星野さんですが、ラジオではそのさわやかなルックスに似合わない下ネタを連発しています。

 特に松岡ちなさんというセクシー女優の方が好きで、ラジオではAVの話題になると、彼女のことを話すことが多いですね」(ラジオ局関係者)

 冒頭の放送回でも、ゲスト出演した歌手で音楽プロデューサーのtofubeatsとともにAVについて熱弁。リスナーから「どんなAVが好きですか?」という質問に、ゲストが「最近は松岡ちなさんのものがいいかな」と、答えると大拍手。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)