オリラジ中田敦彦の松本人志批判「天狗っぷりが加速」で “あっちゃん、カッコ悪い”

オリラジ中田敦彦の松本人志批判「天狗っぷりが加速」で “あっちゃん、カッコ悪い”

松本人志に“物申してしまった”中田敦彦

「中田さんは5月28日放送のラジオ『らじらー! サンデー』(NHKラジオ第1)で“吉本が全社を挙げて大騒ぎし、幹部と社長に「謝れ」と言われている”と激白しました。続けて“どうなるか楽しみじゃない? あの松本人志さん批判するのは、吉本のなかではいなかったじゃない”と。最後まで“このスタンスこそが俺のお笑いだって思ったんだよね”と毅然とした態度でした」(お笑いライター)

 レギュラー番組『ビビット』(TBS系)などで有名人の不倫を徹底批判する辛口コメンテーターとしても活躍するオリエンタルラジオの中田敦彦。しかし、ここへきて逆風が吹き始めている。

 発端は今年2月、脳科学者・茂木健一郎氏が、

《上下関係や空気を読んだ笑いに終始し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無》

 といった、日本のテレビの笑いを批判するツイートをしたことに始まる。これに対して松本人志が『ワイドナショー』(フジテレビ系)で「笑いのセンスがない茂木さんに言われても全然刺さらない」と反撃。これに中田は自身のブログで、

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)