元SMAP中居正広がジャニーズ事務所残留も 香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎と分裂か

元SMAP中居正広がジャニーズ事務所残留も 香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎と分裂か

記事まとめ

  • 中居正広らSMAP5人と元マネージャーの独立計画は木村拓哉が態度を変え頓挫したという
  • 元SMAPは6月に残留か独立か意思表示をするが、中居正広が残留に強く傾いているらしい
  • そのため、中居正広と香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の間で内部分裂が発生するという

元SMAPの契約更新、中居正広が事務所残留で独立組が1対3に内部分裂か

元SMAPの契約更新、中居正広が事務所残留で独立組が1対3に内部分裂か

ジャニーズ事務所

「ジャニーズ事務所は、元メンバー全員に慰留の意を伝えているようです。とはいえ、実のところ“中居には残ってほしい”が本音でしょう。彼が持つ影響力と発言力、多額の利益を生み出す収益力は、事務所としても手放したくはないと見えます。彼もまた“残留”に強く傾いているのだとも」(芸能プロ幹部)

 SMAP解散から半年、ついに元メンバーの進退が問われる運命の6月に差しかかった。9月に控える契約更新に向け、3か月前であるこの月に彼らは残留か独立かの意思表示をしなければならないのだ。

 中居正広らSMAP5人と、I元マネージャーがジャニーズから独立しようとした計画は、木村拓哉が態度を変えたため頓挫したといわれる。そして、昨年1月にI元マネージャーは事務所から姿を消して、彼らは『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)での生謝罪に追い込まれた。

 このときすでに、“裏切り者”とされた木村を除くメンバーは同年9月の契約満了をもって退社を決めていたというが、しかし、

「昨年6月、中居が香取慎吾らに“1年間我慢してくれ”と契約延長を説得したといいます。後先考えずに独立することはリスクがあると判断したのでしょう。ジャニーズを出ても、それぞれが仕事をできるように、1年間を地盤固めに要したのです」(芸能レポーター)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)