愛子さま、学習院の「チェロ演奏会」で天皇陛下と異例の“競演”へ

愛子さま、学習院の「チェロ演奏会」で天皇陛下と異例の“競演”へ

毎年、「オール学習院の集い」の演奏会で、チェロを楽しそうに演奏される愛子さま(4月16日)

 天皇陛下がその位を退かれた後の過ごし方について、昨年の自身の誕生日会見で「ハゼの研究であったり、音楽であったり(中略)そういうものをできるだけ時間を取って過ごしていただけたら」と述べられた秋篠宮さま(51)。

 陛下の退位を可能とする特例法案が6月2日に衆議院で可決。9日の参議院本会議で成立する見通しで、陛下が一線を退いて「上皇」となる日がいよいよ近づいている。

「両陛下は音楽を引退後の楽しみのひとつにされていると思います。

 ご一家は、音楽一家としても知られていて、陛下と愛子さまはチェロ、美智子さまはピアノ、皇太子さまはビオラ、秋篠宮さまはギターを演奏されます」(宮内庁関係者)

 陛下は美智子さまと結婚したころにチェロを始められ、愛子さまは学習院初等科4年生で管弦楽部に入部したときから続けられている。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)