SMAP元マネIさん、すでに独立組の受け皿となる芸能事務所を立ち上げたとの情報

 SMAP解散から半年、9月に控える契約更新に向け、3か月前であるこの6月に彼らは残留か独立かの意思表示をしなければならない。

 ところが、ここにきて元SMAPの中居正広が、ジャニーズ事務所残留の方向で調整を進めているという。そこには、Iさんとの独立後の思惑のズレがあったともいわれている。

「彼女はすでに独立組の受け皿となる芸能プロダクションを立ち上げたといいます。ところが当初、後見人になるはずだった“芸能界のドン”が“やはりマネージャーがタレントを引き抜くのは道理に反している”と手を引いたのだと。

 こうなると話は別で、ドンの意向を酌んだ芸能界では活動が制限されてしまうおそれがある。Iさんは中国や海外での活動にシフトチェンジを模索しているようだが、これに中居は賛同できなかったというのです」(芸能プロ幹部)

 一方、中居はSMAPを見いだしたジャニー喜多川社長にはやはり恩義を感じているとも。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)