横山だいすけインタビュー、だいすけお兄さんの“理想の女性&子育て”に迫る

横山だいすけインタビュー、だいすけお兄さんの“理想の女性&子育て”に迫る

11代目・歌のお兄さん 横山だいすけ

横山だいすけインタビュー、だいすけお兄さんの“理想の女性&子育て”に迫る

プロフィール●千葉県出身。'06年に国立音楽大学音楽学部声楽科を卒業。小学校3年生から大学卒業まで合唱を続ける。大学卒業後に入団した劇団四季時代には、『ライオンキング』などの舞台に出演。'08年から今年の3月までNHK Eテレ『おかあさんといっしょ』の歌のお兄さんを務める。

 “だいすけロスが止まらない!!”。この春、こんな見出しの記事を見かけた方も多かったはず。NHK Eテレの子ども向け番組『おかあさんといっしょ』で、史上最長という9年のあいだ、歌のお兄さんを務めてきた “だいすけお兄さん”こと、横山だいすけ。番組からの卒業が発表されると、慕っていた子どもたち以上に、“ロス”になったのはママたちだったよう。

〈ショックでお鍋吹きこぼした〉〈悲しすぎてここ最近凹んでいる……〉〈あれ……? あたし、気づかないうちにこんなに好きになってたんだ……!?〉

 数々のコメントがSNSをにぎわせ、卒業直後に発売された『おかあさんといっしょ』のDVDがオリコンデイリーDVD総合ランキングで1位を獲得。さらに、だいすけお兄さんが公式ブログをスタートさせると、10日間で読者数が10万人を突破! と、その人気・注目ぶりが話題となった。

 当の本人は、この騒がれ方をどう感じているのか聞いてみると、

「正直なところ“だいすけロス”という言葉が、ぜんぜん自分の中でしっくりきていないんです。卒業前には、想像もしていなかったことですね。『おかあさんといっしょ』の歌のお兄さんですから、近所にいるお兄さんという感じで、子どもたちからもツッコまれやすい身近な存在。こんなふうに話題にしていただけるとは、思ってもみなかったので、ネットのニュースに自分のことがあがっていたりするとビックリです。今日もニュースになっているんだ!? って(笑)」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)