ジャニヲタを苦しめる“デジチケ”「クソ席」でモチベーションが急低下

ジャニヲタを苦しめる“デジチケ”「クソ席」でモチベーションが急低下

イラスト:星野グミ子

'17年4月『ジャニーズJr.祭り』で開演が約2時間押しとなり、大混乱をきたしたデジタルチケット騒動(通称:デジチケ)。実は今回のこの騒動、多くのジャニヲタがヲタ卒(ジャニヲタを卒業すること)することにもなりかねない重要な事件だったのだ──。

 ジャニーズ以外のアーティストはすでにデジチケを定番として取り入れているようだが、いよいよその波が、われらジャニヲタにもやってきた。ところが、ジャニーズ内でのデジチケの仕組みは、まだ定まっていない。

 デジチケが導入されたきっかけは嵐だ。

 嵐の人気はみなさんもご存知の通り。ファンクラブ会員は200万人を軽く超えているという。

 ファンの数が多いほど、さまざまな人種が集まる。世の中の流れから分かるように、チケット転売に対する批判は多い。嵐ほどファンが多いグループともなれば、ファンの意見も一般化されやすく「高額転売なんておかしいでしょう」という人たちが多数派になるのだ。ジャニヲタの意見は希薄化されてしまうのだ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)