『やすらぎの郷』で話題の“終の棲家”の現実は? 高齢者施設の種類の多さに驚き、困惑

『やすらぎの郷』で話題の“終の棲家”の現実は? 高齢者施設の種類の多さに驚き、困惑

『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)制作発表記者会見

 4月からスタートした昼ドラ『やすらぎの郷』(脚本・倉本聰、主演・石坂浩二、テレビ朝日系)が話題。同じ時間帯の番組の中でトップの視聴率を叩き出すなど、シニア層のハートをがっちりつかんでいる。

 舞台は、テレビ業界に貢献した脚本家、映画監督、俳優、歌手らだけが無料で入れる老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada」。ここがとてつもなく豪華なのだ。海を望む広大な敷地は、東京ドーム約30個分。居室はマンションタイプのほか、コテージタイプやヴィラタイプも。食堂やスポーツジムは言わずもがな、温泉大浴場に遊技場、映写室、バーまで! 元CAのコンシェルジュ(常盤貴子)が常駐し、介護や医療のケアも24時間対応。石坂演じる菊村栄が“まさに至れり尽くせり、夢のような施設”と絶賛するのも、そりゃ当然。

 でも、こんな施設に入るには、一体いくらかかるの? 介護・暮らしジャーナリストの太田差惠子さんによれば、

「有料老人ホームの入居費用はピンキリです。立地、施設のグレード、医療や介護の対応状況、入居時の年齢などによって変わってきます。都内の超高級有料老人ホームには、入居一時金3億円、月額利用料が20万円以上なんてところもあります」

 とてもじゃないけど庶民には無理! ドラマほど豪華じゃなくていいから、施設で手厚い介護を受けて暮らすなんて夢物語?

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)