<グルメンピック詐欺>1億3000万円を奪った5人の容疑者逮捕と被害者の叫び

<グルメンピック詐欺>1億3000万円を奪った5人の容疑者逮捕と被害者の叫び

勧誘に使用された説明資料に添えられた名刺には田辺知晃と書かれていた

 グルメイベントを食いものにした男らが今月、次々に逮捕された。

 警視庁は今月3日、自称コンサルタント業の田邉智晃容疑者(42)、会社役員の矢野千城容疑者(41)、無職の大須健弘容疑者(41)、会社役員の高木信治容疑者(33)の4人を、5日にはイベント企画会社「大東物産」社長、中井冬樹容疑者(36)を詐欺容疑で逮捕した。

 債権者集会の資料によると、被害者は全国の飲食店約500店。彼らは、おいしい投資話に出資してだまされたわけではない。自分たちの味を、1人でも多くの人に味わってもらいたく参加を決めた食のイベントに裏切られたのだ。

 今年2月中旬から下旬にかけて、東京と大阪で開催予定だった『グルメンピック』が突如、中止になった。

「大東物産」が企画したもので、同社が出店料金名目で集めた金額は約1億3600万円。同社は同年2月、東京地裁に破産を申請し、破産開始決定を受けた。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)