元SMAP香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛の3人が、6月5日に9月をもって退社する旨を伝達か

記事まとめ

  • 元SMAP香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛の3人が、9月をもって退社する旨を伝えたという
  • 一方、中居正広は進退明言せず、事務所から特別待遇ともとれる期限撤回を受けたらしい
  • 中居正広を信じていた香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛の間に疑念の声も出ているという

元SMAPの3人、6月5日にジャニーズ事務所本社で独立の意思を伝達済みか

香取慎吾稲垣吾郎草なぎ剛の3人は6月5日、それぞれがジャニーズ事務所本社を訪れて9月をもって退社する旨を伝えたそうです。正式な締結はまだのようですが、やはり彼らの意思は固まっていました」(芸能プロ幹部)

 6月20日号で『週刊女性』が報じたとおり、香取、稲垣、草なぎら元SMAPメンバーが独立を決めたという。動きは早かった。彼らがCDデビューを果たした’91年9月9日。律義にも3か月前の6月9日を迎える前に意思を表明したようだ。

 一方で独立組の3人を引っ張ってきた元リーダーの中居正広は、まだ進退を明言していない。それどころか、事務所から特別待遇ともとれる措置がとられているという。

「ジャニーズ事務所は中居に対して6月末のデッドラインを撤回して“9月までに答えを出せばいい”と期限を延ばしているそう。もしかしたらその間にも夏の特番など、新規の仕事が舞い込んでいるのかもしれません。中居に残ってもらいたい思惑が見えますね」(前出・芸能プロ幹部)

 彼としてはギリギリまで残留と独立を天秤にかけるということになる。リーダーを信じていた3人の間には疑念の声も上がっているそうで、

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)