木村拓哉が選んだ静香との家族団らん、長女の英語混じりの日本語に対応する日常

 香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛らがジャニーズ事務所からの独立“意思表明”をした前日の6月4日、東京・代官山にあるカフェ『T』に、開店から間もなくして入店したのは木村拓哉と工藤静香。そして4月に高校生になったばかりの長女だった。

「オープンとほぼ同時にご夫婦が入店されましたね。その後ろからついてきたのはスラリとしたお嬢さん。耳には大きな羽根飾りのピアスをして、タンクトップにロングスカート。はっきりとした目鼻立ちは木村さんにそっくりでしたね。絵にかいたようなオシャレ家族のブランチでした」(居合わせた女性客)

 人気店だけにすぐに混み始めた店内で、一般客との相席も気にすることなくテーブルについた3人。夫妻が並んで座り、次女は学校行事と重なっていたのか、向かいには長女1人だけが座ったという。

「『T』は一家の行きつけのカフェで、サンドウィッチが有名です。ただ単品で2000円前後から3000円と少々値は張ります。

 セレブご用達ですね。今は闘病生活を送っている小林麻央さんもこちらのサンドが大好きで、海老蔵さんともよく買いに来られていたそうです。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)