『緊急取調室』『昼顔』脚本家・井上由美子、ヒット作を生み続けるためのマイルール

『緊急取調室』『昼顔』脚本家・井上由美子、ヒット作を生み続けるためのマイルール

脚本家の井上由美子さん

 今期No.1視聴率の連続ドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系)の脚本を担当する井上由美子さん。25年のキャリアを誇り、今回の刑事ドラマをはじめ、朝ドラや大河ドラマ、木村拓哉主演作、話題の不倫映画『昼顔』(公開中)など、さまざまなジャンルの作品を手がけ“なんでも屋”とも呼ばれる。最終回(6月15日木曜夜9時)を迎える“キントリ”での苦労話、ドラマ愛、脚本家としての胸中と今後について語ってくれました。

「人との付き合いをメールなどですませてしまうことが多い今の世の中で、小さな机ひとつ挟んで向き合う取り調べを通して、ヒューマンなコミュニケーションというものの大事さを訴えたかったんです」

 天海祐希主演の連続ドラマ『緊急取調室』で描かれるテーマについてそう話すのは、ドラマの生みの親である、脚本家の井上由美子さん。

 警視庁で被疑者の取り調べを行う「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」。密室のため自白の強要による冤罪(えんざい)の発生や、強引な取り調べがあるなどの問題を防ぐため、取り調べを録音録画する“可視化”(※昨年5月、取り調べの録音録画を義務づける「刑事司法改革関連法案」が可決)された特別取調室で、真壁有希子(天海)やベテラン刑事たちと被疑者との緊迫したやりとりが、ドラマの人気の大きな要素になっている。

 井上さんは「25年くらいこの仕事をやっているんですけど、台本を作るのがいちばん難しい」と、笑う。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)