門脇麦、恋人役の有岡大貴を質問攻めに「根暗に思われるけどネアカです!」

門脇麦、恋人役の有岡大貴を質問攻めに「根暗に思われるけどネアカです!」

門脇麦 撮影/高梨俊浩

「根暗に思われるけどネアカだし、芸術肌っぽく見えると言ってくださる方も多いんですが、センスとか皆無です(笑)。いつか自分のキャラクターとイメージが合致する時期がくると思うので、今は世間とのギャップを楽しんでいます」

 陰のある役柄を演じることが多い門脇麦(24)。映画『こどもつかい』(6月17日より全国ロードショー)でも、トラウマを抱える保育士を演じているが、そんな彼女の“こども”時代は……?

「4歳からバレエを始めて、ワンパクな女の子だったと思います。バレエで挫折したあとの高校生時代は“暗黒期”とインタビューなどで言っているのですが、そのころもはつらつと暗黒期でした(笑)」

 ネアカと語るものの、人見知りな一面もあり、共演の滝沢秀明には話しかけられずじまいだったという。

「一緒のシーンがほぼなくて、声をかけられずにいたのですが、子どもたちが無邪気に話しかけていていいなって(笑)。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)