原田龍二、アキラ100%との“裸芸”で再ブレイク「絶好のチャンスだなって」

原田龍二、アキラ100%との“裸芸”で再ブレイク「絶好のチャンスだなって」

「オファーをいただくまでお名前を知らなかったのですが、動画を見たらこの人は必ずブレイクする人だなと思いましたね」

「オファーが来たときは、絶好のチャンスだなって思いました」

 お笑い芸人・アキラ100%とともに全裸に股間をお盆で隠しただけの姿で挑んだ“丸腰刑事”が大反響を呼び、再ブレイク中の俳優・原田龍二(46)。

「全裸姿という究極の芸だったから、引き受けました。ドキュメンタリーのロケでも、誰でもできるようなロケなら僕がやる意味がないって思ってしまうんですよね。自分を追い込むのが好きなんです(笑)」

 昨年、大みそかに放送された『ガキの使いやあらへんで!』で、師匠と仰ぐアキラ100%を上回る肉体美、遜色ない完璧なお盆芸を披露したが、練習時間は意外にも短かったとか。

「アキラさんと練習したのは、本番の1週間前に3時間だけ。そのときの様子をスタッフに撮影してもらい、そのDVDを見ながら“自主練習”していました。僕は練習から全裸でやるつもりだったのですが、現場に行ったらジャージが用意されていたので、なんて優しい現場なんだろうって(笑)」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)