尾野真千子、母親役を自然体に演じる裏で「ある工夫」が施されていた

尾野真千子、母親役を自然体に演じる裏で「ある工夫」が施されていた

尾野真千子 撮影/伊藤和幸

「私は四人姉妹の末っ子で、いちばんの甘えん坊なんです。今でもそういうところがあって、頼りたいし、甘えたいし、かまってほしい(笑)。小さいころはお父さん子で、よく父親のあとを追って歩いていたので“金魚のふん”って呼ばれていました(笑)」

 時折、冗談を言っては人懐こい笑顔を見せる尾野真千子(35)。かわいくて、自然体。話しているうちに、自然と彼女の魅力に引き込まれる。 

「こんな私でも緊張したり不安になることもありますよ。例えば、映画の完成披露や初日舞台挨拶の前はドキドキ、ハラハラ。でも緊張したら、あきらめるしかない!(笑)。ハハハ。失敗したらごめんなさい、それでいいと思うんです」

 そう言えるのも、数々の現場を経験してきたからこそ。ヒロインを務めた朝ドラ『カーネーション』をはじめ、出演した映画やドラマは数知れず。作品によってさまざまな表情を見せてくれるが、最近はめっきり“母親役”が多くなった。

「母親役だからといって特別に何かしているわけでもなく、そのときの行き当たりばったり。子どもを前に、自分はどんなしゃべり方をするのかわからないまま現場に行くんです。その状態で声を出してみて、そこで“出た出た、今回はこの声なんだ!”って私もそこで知る、みたいな(笑)」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)