定年退職した「家庭内管理職夫」たちは、なぜ妻をイラつかせる行動をするのか

定年退職した「家庭内管理職夫」たちは、なぜ妻をイラつかせる行動をするのか

定年退職後、無意識のうちに家族を部下のように扱い、ストレスを与える”管理職夫”とは ※写真はイメージです 

 団塊の世代が大挙して退職したことを境に社会問題化してるのが1日中、家に居続け、妻の行動に目を光らす夫たち……。「会社では偉い立場だった」という管理職時代の栄光が忘れられず、それを家庭内に持ち込んで、妻を部下か秘書のように扱う「家庭内管理職夫」が現在増殖中!

 心理カウンセラーの石原加受子先生のところには、そんな夫から受けるストレスに悲鳴を上げている妻が連日訪れるそう。

「自分が我慢すればいいと無理をした結果、心を病んでしまった人を何人も見てきました」

 仕事や子育てが一段落し、ようやく自分の時間が持てるようになったタイミングなのに、そこで夫に対するストレスで心を病むなんてありえない! そうならないための「家庭内管理職夫対処法」を石原先生に聞きました。

 なぜ妻は長年連れ添った夫にイライラを募らせるのか……。妻側と夫側それぞれの気持ちから読み解きましょう。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)