角界一の料理の腕を持つといわれた元・北斗龍「料理の土俵で横綱を目指す」

角界一の料理の腕を持つといわれた元・北斗龍「料理の土俵で横綱を目指す」

元・北斗龍こと丸山定裕さん 撮影/齋藤周造 

 新横綱・稀勢の里のみごとな逆転劇で、おおいに盛り上がった今年の大相撲春場所。その13日目(3月23日)、現役最古参、46歳になるというひとりの力士が、静かに土俵に別れを告げた。

 力士の名は、『北斗龍』。

 この日、花道では所属する相撲部屋の後輩らが花束を持って出迎え、31年にわたる土俵人生最後の日をねぎらった。

 翌24日、スポーツ新聞各紙は、自社サイトを中心に『現役最古参46歳力士引退(スポーツ報知)』『46歳の北斗龍ら8人が土俵去る(日刊スポーツ)』などの見出しで報道。 『スポーツ報知』は、北斗龍のこんな言葉を伝えている。

《疲れたね。悔いなくやろうと思ったんですよ。31年の土俵人生? 長いねえ、この世界しかしらないからね》

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)