長瀬智也、草なぎ退社の影響で月9枠などドラマ主演が次々に決定か

《20年ぶりのラブストーリーになるのですが、これまでやらなかったということは、そこまでラブストーリーに興味がなかったんだと思うんです。「ラブなんか」とちょっと否定していた自分もいたかもしれませんが、今は素直に「自分がラブストーリーと向き合うならどうなるのか」という思いでやりたいです》

 と、公式HP上で意気込みを語ったのは長瀬智也。7月スタートのTBS系日曜劇場『ごめん、愛してる』に主演する。

 '04年に韓国で大ヒットを飛ばした名作で、大竹しのぶや坂口健太郎が脇を固める。

「韓国では最高視聴率29・9%を記録。視聴後、何も手につかなくなるため、原題『ミアナダ サランハンダ』にちなみ“ミサ廃人”という言葉が生まれ社会現象に。トルコやタイでもリメイクされました」(番組制作スタッフ)

 5月中旬にクランクイン。韓国でもロケが行われ、順調に撮影が続いているが、長瀬も身体を作ってきたようだ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)