長谷川博己『小さな巨人』打ち上げで突如現れたサプライズゲストに感動

長谷川博己『小さな巨人』打ち上げで突如現れたサプライズゲストに感動

カラオケ店をあとにする長谷川博己その1

 6月18日に放送された最終回の視聴率が、16・4%と自己最高を記録した日曜劇場『小さな巨人』(TBS系)。同日夜、都内では、3か月以上にわたる撮影の労をねぎらうべく打ち上げパーティーが行われていた。

「眼鏡にスーツ姿でキメていた、主演の長谷川博己さんや岡田将生さん、香川照之さんのほかに芳根京子さん、中村アンさん、市川実日子さんら豪華な出演陣がズラリと勢ぞろいしました」(会の参加者)

 とある出来事で所轄に左遷されてしまった刑事(長谷川)が、本庁の捜査一課長(香川)と激しいバトルを繰り広げるシーンが見どころの1つだった同作。

 平井堅が歌った主題歌も、日曜劇場枠での起用が3作目という“最多タイ記録”を作ったことで話題になったのだが、

「会が始まってまもなくすると、突然明かりが消えたんです。何かと思ったら、主題歌の『ノンフィクション』に合わせて平井さんが登場してスピーチしてくれたんですよ。このためだけに駆けつけてくれたみたいで、みなさん感動していました」(前出・参加者)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)