『ひよっこ』竹内涼真、みね子を絶賛「男ならこの人を守ってあげたい」

『ひよっこ』竹内涼真、みね子を絶賛「男ならこの人を守ってあげたい」

竹内涼真 撮影/廣瀬靖士

「この仕事を始めて4年たったんですけど、夢だった仮面ライダーに出演できて、次の目標が“朝ドラ”出演でした。朝ドラは誰もが知っている作品ですし、自分をたくさんの人に知ってもらうためにも出たかったんです」

 舞台が赤坂に移り、みね子(有村架純)の東京物語“第2章”に入った『ひよっこ』。あかね荘で同じ屋根の下に住む隣人、島谷純一郎を演じる竹内涼真(24)。『仮面ライダードライブ』で主役に抜擢された彼は、俳優を目指す前はプロを目指したバリバリのサッカー選手。

 5歳からサッカーを始め、高校時代に東京ヴェルディのユースに所属。芸能界というまったく違う世界に入って気がついたことは、

「人との出会い、つながりで仕事が広がっていくことの素晴らしさ」

 と話す。竹内が演じる島谷は、佐賀県で大会社を経営する一家の御曹司。あかね荘での出会いが彼を変えていく。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)